WEBZ~i[

2012.3.30

前処理剤と回収剤が一体どういうものなのか?

 簡単にご説明させていただきます。

 

 

ワイシャツを洗濯するときに、首回りがすごく汚れていたら・・・

 

襟首用の洗剤を使いますよね。

これは強力な汚れを分解する洗剤です。

そして、もみ洗いブラシ等をします。

 

 

 

しばらくして洗濯機にかけるとき・・・

 

 

 

 

ワイシャツ全体に襟首用の洗剤を付けて洗いますか?

 

洗いませんよね?

洗濯洗剤を使用して洗いますよね?

 

 

では、これをカーペットクリーニングに置き換えてみましょう。

 

 

アメリカでは「トラフィックレーンクリーナー」と呼ばれている前処理剤

これが、襟首用の洗剤です。

 

 

もみ洗いの代わりに、ブラシやポリッシャーを回してアジテーションします。

 

そして、洗濯洗剤が回収剤です。

 

 

だから回収剤がとても重要なんです。

回収剤を使用しないのは、洗濯洗剤を使っていないのと同じなんです。

 

 

汚れが酷い場所に前処理剤をスプレーする。

 

回収剤をきちんと使用していれば・・・

廊下の端や、汚れていない場所にはスプレーする必要はありません。

 

回収剤がウォンドの先で洗濯機のように、分解された汚れを乳化して吸い込んで落としてくれます。